今年の釣り目標

 

昨年は全然釣りの記事が書けず釣りブログ(本人はそのつもり)としての体をなしていませんでしたが、釣りにはちょこちょこ行っておりました…。
今年のことを書く前に2012年の出来事を今後数回に分けて紹介していこうと思います。

去年の目標であったシーバスですが一匹も釣れませんでした。
そもそもシーバス釣り自体にあまり行かなかったという…。

富山は釣れればデカイのいるみたいですがシーバスの個体数そのものが少なく、めったに釣れない魚に時間を割く意義に疑問を覚えてしまうと
夜の海に対する恐怖とか釣り場に行ってみないと判らない波高とか(荒れてるとほとんど釣れない)のマイナス要素が気力を削いでしまい…。
近場の淡水釣りが非常に面白かったのでそっちがメインになってしまいました。

ですので今年もその辺を継続して追いかけていきたいと思っています。
まずはナマズが釣りたいです!
ゆきのゆきかぜ | 釣り | 02:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

単行本『給食費』告知

ゆきのゆきかぜ | エルオー | 00:53 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |

帝国の最期



去年飼育していたムネアカオオアリについて触れねばならないでしょう。
10月頃、全滅しました…。
2011年は結局1匹も働きアリが羽化せず、9月頃から働きアリが次々と死亡。働きアリの寿命は1年程度と言われているのでこれはおそらく寿命と思われます。
娘達が全滅した後、女王は「もはやこれまで」と言った感じで3日後に死亡…。一番体力があるはずなのに不思議なものです。

そもそも産卵数が少なく、幼虫は蛹まで成長したものもあったのに死んだのか食べられたのか…。
高温、乾燥、タンパク質不足…? 思い当たる原因は色々ありますが、はっきりしません。
乾いた環境を好む癖に結構水を飲むし、新鮮な肉を求めるのにエサ場に出歩く働きアリの数が少なく見つける前にエサが腐敗してしまう等、なかなか難しい。
特に後者は飼育下より自然ではさらに厳しいんじゃないでしょうか。
毎年たくさんの女王アリが巣立つのにアリの巣が増えているように見えない事実は、自然界でも新しいコロニーが生き残る事はほとんど出来ない事を示しています。

そして今年も新女王が新天地を求めて飛び立つ季節がやってきました。
ムネアカオオアリは平地より涼しい森や山の中に棲み、飼育はちょっと難しいのかなと思って、今年はポピュラーな大型アリ、クロオオアリを飼おうとしていました。
ところが農作業中に目の前にぽとりと落ちてきた女王アリはまたしてもムネアカオオアリ…。しかも2匹。個体総数は圧倒的にクロオオアリが多いはずなのに、なんか縁があるのかも知れません。
そんな訳で今年もムネアカオオアリに挑戦します。


エリザベスと名付けました。
去年入ってくれなかった巣箱に入りました。しかし産卵数少なく、幼虫の成長も極めて遅い。
初期にはあんまり育児に集中してない感じが…(今は結構気を使ってる感じ)


こちらはメアリーと命名。
去年の初期巣を少し改造して、石膏の上にピートを敷き詰めました。
エリザベスと比べて順調そのもの。もう繭が5〜6個見えますね。
この差は個体差によるものなのか、環境の差なのか。
少なくともピートは悪影響をもたらしてはいないと思われます。
ゆきのゆきかぜ | アリ飼育 | 13:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

『給食費』裏話



あんまり作家が自作について語るってのは良くないと思うんですが、 ブログにまで来て下さってる方はそういう情報を見たくていらっしゃってると思うので、『給食費』完結までなぜこんなに時間がかかってしまったか、少し言い訳めいた事を述べていきます。

もともと『給食費』は全4回くらいの予定でした。先生と児童の情事がバレて夜逃げするというコンセプトで、最終シーンあたりは最初からイメージが決まっていました。
ただ物語の完結にはエロシーンは必要ではなく、最終回にどうやって必然性のあるエロシーンを入れるか、全然見当が付かない状態が連載中もずっと続いていました。要するに見切り発車だった訳です。
エロ漫画ですから最低でも1話に半分のページはエロシーンが占めないと…。

苦し紛れだったのとエロのバリエーションを増やすために予定になかった母親の彼氏によるレイプ話を入れたのが決定的な転機でした。
これにより癒しと回復のセックス(そんなもののリアリティはアレですがw)という必然性のあるエロシーンのとっかかりは得たのですが、あまりにヒロインのあかりが受けた傷が大きすぎて、手に余ってしまったのです。
ページ数を費やせばまとめることはできるでしょう。しかしここでまたしてもエロ%ノルマの問題が…。
もうすっかり詰まってしまった訳です。

当初からの最終回のテーマは「先生はあかりへの思いが父性からくるものであること、あかりも先生への傾倒に逃避行動が根本にあることを自覚し、二人でそこから恋愛感情に昇華していくように努力していくことを確かめ合う」というものでした。台詞もいくつかすでに準備してました。
しかしレイプ被害のフォローと同時にそのテーマを描くにはページを食い過ぎてバランスが悪すぎる…。
結局、当初のテーマを完全に破棄する決定を下すまでにずいぶん時間がかかってしまいました。
作者的には思っていたのと全然違う作品になってしまった訳だし、敗北に近い。
最終話39ページの「はい、お父さん!」という台詞は初期コンセプトからの生き残りであり、意味が不明瞭になってしまったのは上記のような理由からです。

でもこれでやっと完結させることが出来た訳で、エロ漫画としてはエロのシチュエーションも増やせたし、これで良かったのかも知れません。
さて、女児との夜逃げ生活というモチーフはすごく魅力的。頭の中ではすでに今後のストーリーが色々渦巻いていたりします。
しかしエロ無し回もしくはエロの薄い回がどうしても出てきてしまうので商業誌で描くことは無理でしょうね。
同人で描くか、自分や読者の皆さんがおのおの妄想して楽しむのがいいのか…w ちょっと考えどころですね。
ゆきのゆきかぜ | エルオー | 02:42 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

トラクターこわい


4月〜5月は農作業に従事しておりました。
今年はトラクターの運転を習って(ぶっつけ本番だったけど)はじめて田んぼの耕耘。

まず田起こし。これは冬の間、水を抜いた田んぼの土を掘り起こす作業。
次は荒かき。田起こし後に水を入れた田んぼをもう一度掘り起こします。
最後は代かき。さらに掘り起こすと共に泥の高さを均一にする整地作業です。 
田植えに至るまで全ての田んぼにこれだけの作業工程があるので、かなり大変です。
代かきがなかなか難しい…水から泥が出てしまうと雑草は生えやすくなるし、稲の成長速度も他と変わってしまうので、納得いくまで何度も代かきを繰り返すことになります…。

さて、トラクター。かなり異質な操縦特性です。
後部に耕耘器具をつり下げているので後部が異常に重く、斜面を登ると簡単にウィリーしてしまいます。耕耘機がつっかえ棒になってバックドロップすることはほぼ無いのですが…。
一度かなり盛大にやってしまい、バイクの癖で慌ててフロントに身体を被せた所、着地の衝撃でハンドルが胸に当たって痛かった…。
またバックドロップはないものの、ウィリー中に後輪の片側がスリップすると一気に方向が変わり、転覆する可能性があります(師事していたベテランの伯父さんですらやりそうになった)

一番危なかったのは脱輪。
田んぼから上がって道路に復帰した所、ハンドルを戻すのが遅れて道路脇に脱輪してしまいました。
トラクターは前輪が小さくて途中から急に切れ込んで曲がる特性がある上に、車のように勝手にステアリングが戻る力がかなり弱いので慣れないと危険なのです。
脱輪先は斜度45度以上の急斜面。復帰しようとタイヤを駆動すると斜面が崩れて転落するのは知っていたので、落ちた瞬間にもうダメだと、反対側に飛び出す準備はしていました。
幸いにもそれ以上傾かなかったので、エンジンを止めて、近所のトラックに牽引してもらって脱出しました。

トラクターの転覆事故は農村では毎年どこかで発生し、ウチの近所でも一人が亡くなってます。
私も危うくその死者の列に名を連ねるかも知れなかったと考えると…生きてるって素晴らしい。
ゆきのゆきかぜ | - | 19:19 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

水着ようこ

 

『アイドル天使ようこそようこ』のよっきゅんです。もう原型とどめていないですな。下書きでは横にサキさんがいましたが、面倒になって消してしまいました(汗

セルシスから新しくリリースされたグラフィックソフト、クリップスタジオ・ペイントの習熟の為に描きました。
このソフト、コミックスタジオ・プロやイラストスタジオのユーザーに無償で提供されるという太っ腹ぷり。両ソフトはこれで開発終了だそうで…。
漫画用のコミスタとカラーイラスト用のイラスタを統合した機能を持つ!ということで、期待したんですが、漫画機能はとりあえず付いてるって感じで、漫画作品を作るに充分な能力は持っていませんでした。
それは今後有償でリリースされるクリップスタジオEXにて実装されるようです。

すごく使いやすくて能力も充分なソフトだと思いますが、ウチの環境(cpu:ペンティアム4 メモリ:2G)では重すぎる…! このWeb用の72dpiでもメモリがギリギリ。
仕事用の600dpiでは全く実用にならないでしょう。
このソフトのためにPCのグレードアップをすべきか…? 価値はあると思うけど、前回の原稿時にタブレットが壊れてしまい新調したので(一つ下のサイズしかなかった)ちょっと財政的に厳しい…。
ゆきのゆきかぜ | イラスト | 00:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

五十肩

 

更新サボっていた間に起きた出来事など色々。

五十肩になってしまいました。
発症は11月末頃。3月まで劇症が続いて、肩が上がらないばかりか特定可動域に腕が入ると悶絶するほどの痛みでした。
その後は痛みはずいぶん軽減し肩も上がるようになってきて日常生活にほぼ支障ないレベルになってますが、まだ全快とは言えません。
個人差あるみたいですが、五十肩は全快に2年ほどかかるみたいですね…。
ゆきのゆきかぜ | - | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

給食費納入

 
お久しぶりです。
やっと『給食費』最終話を描き上げ、納品することが出来ました。
40ページは今まで仕上げた作品では最長で、確かに果てしなく大変でしたが、体調は割と良く今までのように寝込むとか身体が動かなくなる、という事はあまりありませんでした。
今月のLOに掲載される予定です。

前回の掲載から一年半…?
お待たせしてしまった皆さんには全く申し訳ないことですが、私自身もこの間に大きなダメージを負いました。それ故に完成した瞬間にはちょっと泣いてしまいましたよ。
シリーズ『給食費』はこれで完結ですが、あと一本、番外編を描いたら単行本…と言う話をいただいております。
初心に返って一から立て直していきたいと思います。
ゆきのゆきかぜ | エルオー | 04:23 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

コミティア終了



遅ればせながらコミティアから帰ってきました報告。
前日から雪の影響で富山から出る交通機関は運休・遅延のオンパレードでしたが、当日は復旧。
1時間早く着けるように始発の急行に乗って直江津からほくほく線の普通を乗り継いで行こうとしたんですが、早朝はみどりの窓口が開いておらず、自販機ではほくほく線の普通区間の切符が買えませんでした。
直江津での乗り換え時間が4分しかないためによく知らない駅で改札を出て切符を買う時間はないと判断。ワンマン列車のために車内で切符を買うことも出来ない…(現金OKならいいんだけど)
そんな感じで早朝からバタバタしてましたが結局、いつもの特急はくたか&上越新幹線利用で遅刻しました。
地方から東京のイベントに朝参加するのは相当無理があるわ…。前日に行って泊まり込むか地獄の夜行バスか。北陸新幹線ー!はやくきてくれー!

会場の東京ビッグサイトはAKB48のイベントも併設していたためにかなりの混雑。
そのせいで列形成に問題があったのか、コミティア自体の一般参加も多かったのか、一般入場が遅れていた感じです。
既刊のみの影響か、記録的に売れなかったです…。

今回、新刊はなかったので楽々参加の筈だったんですけど、直前まで原稿やっていたのでほとんど寝てない&時間の都合で何も食べていない影響でかなりキツかったです。
しかも久しぶりの人混みに酔った…。すっかり田舎者に戻ってしまった。駅の途切れることのない人を見るだけでもう…。
かなり疲労が溜まっていたうえに長旅の消耗が重なって、帰ってきてから完全に体調を崩してしまいました。3日経ちましたがまだ回復しません。
遅れていたLO原稿が致命的な状況になってしまい…うう、行かなきゃ良かった…。

だからって訳じゃないですが、今後コミティアにはしばらく参加できません。今年から稲作の本格修行をするのでスケジュールが重なるんですよ…。
5月のコミティアは田植えに(実際は田植え終わったあたりだと思うんだけど)9月開催となった夏のコミティアは稲刈りに。
『萌えるアクアリウム』の続巻はいつ出せるのか…。すいません。
ゆきのゆきかぜ | 同人 | 14:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

コミティア前日

 

富山は言われていたほど雪が積もらなかったのですが、東京に行くには豪雪となった新潟を通らなくてはならないわけで。
連日、電車が運休や遅延をみせておりコミティア参加も危ぶまれたのですが、雪のピークも過ぎたらしいので行ってみる事にします。
夜行バスは金輪際使わないと決めたので朝イチの特急と新幹線。これだとサークル入場時間に間に合わないので、前回同様一般入場の列に並ぶ事になりその分(20分ほど)遅刻します。
雪で電車が遅れた場合はもっとですけど…。

LO原稿の進みが順調に遅れていてコミティア参加自体をキャンセルしようかと思ったほどですので、やはり新刊は出来ませんでした。
ですので『萌えるアクアリウム』1巻、2巻コピー本既刊のみの参加となります。
内容は熱帯魚飼育ノウハウを語った4コマ漫画です。

夏のコミティアで在庫が払底してしまったのでまた作り直し…。本文は近所のコンビニコピーで間に合いましたが表紙のカラーコピーを出来るところがどこにもない。
表紙には厚紙を使うので手差しの持ち込み紙を使わせてくれるところでないと…。ネットで調べた範囲では金沢にしかないw
また会場に向かう途中でキンコーズによらなくてはいけません。毎回の現地製本から逃れることはできんのかなw
ゆきのゆきかぜ | 同人 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/7PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS