単行本『給食費』告知

ゆきのゆきかぜ | エルオー | 00:53 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |

『給食費』裏話



あんまり作家が自作について語るってのは良くないと思うんですが、 ブログにまで来て下さってる方はそういう情報を見たくていらっしゃってると思うので、『給食費』完結までなぜこんなに時間がかかってしまったか、少し言い訳めいた事を述べていきます。

もともと『給食費』は全4回くらいの予定でした。先生と児童の情事がバレて夜逃げするというコンセプトで、最終シーンあたりは最初からイメージが決まっていました。
ただ物語の完結にはエロシーンは必要ではなく、最終回にどうやって必然性のあるエロシーンを入れるか、全然見当が付かない状態が連載中もずっと続いていました。要するに見切り発車だった訳です。
エロ漫画ですから最低でも1話に半分のページはエロシーンが占めないと…。

苦し紛れだったのとエロのバリエーションを増やすために予定になかった母親の彼氏によるレイプ話を入れたのが決定的な転機でした。
これにより癒しと回復のセックス(そんなもののリアリティはアレですがw)という必然性のあるエロシーンのとっかかりは得たのですが、あまりにヒロインのあかりが受けた傷が大きすぎて、手に余ってしまったのです。
ページ数を費やせばまとめることはできるでしょう。しかしここでまたしてもエロ%ノルマの問題が…。
もうすっかり詰まってしまった訳です。

当初からの最終回のテーマは「先生はあかりへの思いが父性からくるものであること、あかりも先生への傾倒に逃避行動が根本にあることを自覚し、二人でそこから恋愛感情に昇華していくように努力していくことを確かめ合う」というものでした。台詞もいくつかすでに準備してました。
しかしレイプ被害のフォローと同時にそのテーマを描くにはページを食い過ぎてバランスが悪すぎる…。
結局、当初のテーマを完全に破棄する決定を下すまでにずいぶん時間がかかってしまいました。
作者的には思っていたのと全然違う作品になってしまった訳だし、敗北に近い。
最終話39ページの「はい、お父さん!」という台詞は初期コンセプトからの生き残りであり、意味が不明瞭になってしまったのは上記のような理由からです。

でもこれでやっと完結させることが出来た訳で、エロ漫画としてはエロのシチュエーションも増やせたし、これで良かったのかも知れません。
さて、女児との夜逃げ生活というモチーフはすごく魅力的。頭の中ではすでに今後のストーリーが色々渦巻いていたりします。
しかしエロ無し回もしくはエロの薄い回がどうしても出てきてしまうので商業誌で描くことは無理でしょうね。
同人で描くか、自分や読者の皆さんがおのおの妄想して楽しむのがいいのか…w ちょっと考えどころですね。
ゆきのゆきかぜ | エルオー | 02:42 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

給食費納入

 
お久しぶりです。
やっと『給食費』最終話を描き上げ、納品することが出来ました。
40ページは今まで仕上げた作品では最長で、確かに果てしなく大変でしたが、体調は割と良く今までのように寝込むとか身体が動かなくなる、という事はあまりありませんでした。
今月のLOに掲載される予定です。

前回の掲載から一年半…?
お待たせしてしまった皆さんには全く申し訳ないことですが、私自身もこの間に大きなダメージを負いました。それ故に完成した瞬間にはちょっと泣いてしまいましたよ。
シリーズ『給食費』はこれで完結ですが、あと一本、番外編を描いたら単行本…と言う話をいただいております。
初心に返って一から立て直していきたいと思います。
ゆきのゆきかぜ | エルオー | 04:23 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS