<< 『給食費』裏話 | top | 単行本『給食費』告知 >>

帝国の最期



去年飼育していたムネアカオオアリについて触れねばならないでしょう。
10月頃、全滅しました…。
2011年は結局1匹も働きアリが羽化せず、9月頃から働きアリが次々と死亡。働きアリの寿命は1年程度と言われているのでこれはおそらく寿命と思われます。
娘達が全滅した後、女王は「もはやこれまで」と言った感じで3日後に死亡…。一番体力があるはずなのに不思議なものです。

そもそも産卵数が少なく、幼虫は蛹まで成長したものもあったのに死んだのか食べられたのか…。
高温、乾燥、タンパク質不足…? 思い当たる原因は色々ありますが、はっきりしません。
乾いた環境を好む癖に結構水を飲むし、新鮮な肉を求めるのにエサ場に出歩く働きアリの数が少なく見つける前にエサが腐敗してしまう等、なかなか難しい。
特に後者は飼育下より自然ではさらに厳しいんじゃないでしょうか。
毎年たくさんの女王アリが巣立つのにアリの巣が増えているように見えない事実は、自然界でも新しいコロニーが生き残る事はほとんど出来ない事を示しています。

そして今年も新女王が新天地を求めて飛び立つ季節がやってきました。
ムネアカオオアリは平地より涼しい森や山の中に棲み、飼育はちょっと難しいのかなと思って、今年はポピュラーな大型アリ、クロオオアリを飼おうとしていました。
ところが農作業中に目の前にぽとりと落ちてきた女王アリはまたしてもムネアカオオアリ…。しかも2匹。個体総数は圧倒的にクロオオアリが多いはずなのに、なんか縁があるのかも知れません。
そんな訳で今年もムネアカオオアリに挑戦します。


エリザベスと名付けました。
去年入ってくれなかった巣箱に入りました。しかし産卵数少なく、幼虫の成長も極めて遅い。
初期にはあんまり育児に集中してない感じが…(今は結構気を使ってる感じ)


こちらはメアリーと命名。
去年の初期巣を少し改造して、石膏の上にピートを敷き詰めました。
エリザベスと比べて順調そのもの。もう繭が5〜6個見えますね。
この差は個体差によるものなのか、環境の差なのか。
少なくともピートは悪影響をもたらしてはいないと思われます。
ゆきのゆきかぜ | アリ飼育 | 13:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
アクアリウムや魚釣りや蟻の飼育までと幅が広いですね。昔の学研の付録で,そういう飼育キットがあったなあと思い出しました。ゆきの氏は,小さい頃からいろいろな生き物を捕まえてきた困った子だったようですね。蟻の飼育は,マイナーだけど,蝉とかカブトムシとか鈴虫なら,経験アリ!の人も多いかな。「人類がなぜ宇宙を目指すのか?」の答えに3次元アリの話を宇宙兄弟でしてたことがおもしろかったですよ。

posted by SORANO ,2012/07/07 10:18 PM

カブトムシ、鈴虫は当然でありますよ!
カブトムシの幼虫は去年育てましたが、餌の進化はすごいですね。
あんなに大きな成虫を羽化させるなんて昔は出来なかったなぁ。
成虫は近所の子供達に貰われていきました。

枚挙に暇がない程色々な小動物を飼ってきましたが、ほ乳類は経験無いんですよねぇ。犬とか猫とか。
あ、捕まえたハツカネズミはちょっと飼ってみましたがあまりに臭くて、すぐに放してしまった記憶が。

posted by ゆきのゆきかぜ ,2012/07/09 12:49 AM

>捕まえたハツカネズミ
ううむ。伝染病を媒介する彼らは,飼育を禁じられていたように思う。ハムスターで我慢しましょう。カブトムシは,クヌギの木材をかなりたくさん用意しておかないと大きくならなかったもんだけど。どんな餌なのかなあ。

posted by SORANO ,2012/07/09 1:49 AM










Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS